ガスビルトインコンロの取替・交換 箕面市・池田市・豊中市

ビルトインコンロの取替・交換取付工事

ガスビルトインコンロの耐久年数は約10年。
10年をこえると、保守部品が生産終了していることが多いため、修理ができないケースが多いです。
安全のためにも新しいビルトインコンロへの交換を推奨しております。

故障などしていなくても10年をこえたら、交換を検討しておくと安心ですね。

また、ビルトインコンロと同時期に取り付けることの多いレンジフードも耐久年数は約10年です。
ビルトインコンロの交換と合わせてレンジフードの交換も検討することもおすすめします!

ガスコンロの故障・寿命のサイン

下記のような不具合が現れたら、故障・寿命のサインです。

  • バーナーから出る炎の大きさや色が均等でない
  • 点火しにくい、火の調節がしにくくなった
  • 火が勝手に消えてしまう
  • 鍋やフライパンの底にススが付着して黒く汚れる
  • 操作パネルにエラー表示がされる
  • ガスくさいニオイがする
  • 着火音に違和感がある、火の使用中に異音がある
  • 長期間の使用で汚れが取れない、本体がグラグラする

※炎の色が赤やオレンジ色になる場合は不完全燃焼が起きており大変危険です。
放置すると一酸化炭素中毒になる恐れがあります。
バーナーキャップの清掃で症状が改善されない場合はすぐに使用を中止してください。

ガスコンロのよくあるトラブル

ビルトインコンロに故障・寿命の不具合が現れた場合、長く使用している場合は交換をおすすめします。
交換したばかりといった、使用年数が短い場合でしたら、お手入れ等で正しく使えるようになる可能性があります。

不具合やトラブルが起こった際には、まずは取扱説明書をチェックしてみましょう。
トラブルが起きた場合の対処法などが説明されています。
取扱説明書を根來してしまった場合でも、メーカーサイトに掲載されているのでご安心ください。

当店に寄せられる、よくあるトラブルについてご紹介いたします。

ガスコンロが点火しない。すぐ消えてしまう

電池をチェック!
「電池交換サイン」が点滅している場合には、電池交換をしてください。
「電池交換サイン」がないガスコンロでも、点火できない場合はまずは乾電池を交換してみましょう!

ガスコンロは電気を流して着火しています。
そのため、電池切れだと点火できなかったり、点火しにくくなったりします。

ガスの元栓をチェック!
ガスの元栓がしまったままだった。ということは意外とよくあります。
点火できない時も慌てずチェックしてみましょう。

給湯器をチェック!
大きな地震のあとでガスが出ない場合は、地震のためガスが遮断されている可能性があります。

また、ガスが出ない場合は、ガス漏れの疑いもあります。
ガス栓の誤開放、ゴム管がはずれていないか、ガス臭くないかを十分ご確認ください。
(ガス臭い場合は地域のガス業者へご連絡ください。)

ガス臭くないときは、マイコンメーターの復帰手順に従って、復帰することができます。
*マイコンメータータイプB・T・Gの場合

マイコンメーターの復帰手順はこちら

Siセンサーをチェック!
Siセンサーが正常に作動していない可能性があります。
バーナーのつまりや汚れを取ってみてください。
改善されないなら故障の可能性がございます。

不具合が解消しない

不具合が解消しない場合は、故障の可能性がございます。
メーカーのお客様センターや専門業者に相談してください。

もちろん、神崎株式会社(当社)にもお気軽にご相談ください!
お電話で解決しない場合は、担当者が訪問・修理に行かせて頂きます。

ガスコンロの選び方

コンロ60cm

ガスコンロは、天板の素材や機能のバリエーションが豊富。
お気に入りの組み合わせを見つけて、あなたにぴったりのガスコンロを選んでください。

まずはここをチェック!

ガス種の確認・キッチンの幅・壁の位置をしっかりチェックしておきましょう。

ガス種の確認

■ガス種は必ず確認しましょう。

ガスの種類を「ガス種」と呼びます。
あらかじめガス種に適合する製品を用意する必要があります。
引越しなどで、ガス会社が変わった場合もお使いのガス器具が引っ越し先のガスに適応しているか必ず確認してください。

ガス種は、都市ガス(12A・13A)プロパンガス(LPG)のいずれかです。(一部の地域で例外があります。)
ビルトインガスコンロは、どの製品も都市ガス(12A・13A)用、プロパンガス(LPG)用の2種類が用意されています。

●ガス種を確認する方法
ご家庭(事務所)のガスメーターをご覧ください、12A、13A、LPGなどの記載があります。

また、コンロに貼ってあるラベルでも確認することができます。。
ラベルには、多くの場合、メーカー名、品番、ガス種、製造年月、製造番号が書いてあります。
コンロのラベルは、多くの場合、電池ケースフタの裏側に貼ってあります。
コンロが電池式でなく家庭用100V電源の場合は、コンロの底にあるガス接続口の近くにラベルが貼ってあるケースが多いです。

ガスコンロの幅

■ガスコンロの幅は2種類あります。

ビルトインコンロには、「幅60cm」と「幅75cm」の2種類があります。
(注)ミニキッチン用コンロには「幅45cm」、いまは流通していない特殊なコンロや外国製のコンロには、「幅90cm」などもございます。

「幅60cm」と「幅75cm」もコンロ本体の幅は同じで約60cm。
ですから、いまは幅60cmのビルトインコンロを使っていても幅75cmのビルトインコンロに交換できてしまいます。
(例外もあります)

  • 1 天板幅60cm

    コンロ60cm

    メリット
    コンロの天板がコンパクトなので、キッチンのワークトップで調理スペースを広くとれます。

    デメリット
    左バーナーと右バーナーの間隔が幅75cmタイプのコンロより狭いので、大きな鍋やフライパンを2つ置くとぶつかるかもしれません。

  • 2 天板幅75cm

    コンロ75cm

    メリット
    左バーナーと右バーナーの間隔が幅6cmタイプのコンロより広いので、大きな鍋やフライパンを2つ置くことできます。

    デメリット
    コンロの天板がワイドなので、キッチンのワークトップで調理スペースを狭めになります。

地域の条例によっては、現在ご使用になるレンジフードの幅が60cmの場合は、幅60cmのコンロしか設置できない場合があります。(例:東京都火災予防条例第3条の2)

テーブルコンロに関しては、キッチンのコンロを置くスペースにぴったり合うサイズのコンロをお選びください。
基本的に最近のキッチンならば60cmのテーブルコンロに対応しており、古いキッチンをお使いの場合は56cmのテーブルコンロしか収まらないものがあります。
サイズが合わない場合などはお気軽にお問い合わせください。

壁の位置

■ほとんどのガスコンロのバナーの左右の火力が違います。
 設置場所の壁の左右を確認しましょう。

コンロと壁の位置

通常キッチン・台所の設置スペースは壁に隣接することが多いので、万が一の炎のあふれなどがあった場合に備えて、強火力バーナーは壁側にもってこないように設置します。
75cm幅の天板が置ける場合には壁側に強火力があっても問題ありません。

天板の種類

ガスコンロには様々な天板があり、耐久性が高かったり、お手入れのしやすさが特徴の天板もあります。
ご自分に合った天板をお選びください。

◎安全で便利な機能
最近の大半の機種は、天ぷら油過熱防止・立消え安全装置・消し忘れ消火機能を標準装備したSiセンサーコンロ。
機種によっては、自動炊飯機能・自動湯沸し・天ぷら油温度キープ・オートグリルなどが搭載されています。

  • ガラストップ天板

    ガラストップ天板

    長所:耐久性に優れ、お手入れが簡単。現在の主流です。
    短所:重いものを落とした場合破損の恐れがあります。

  • ガラスコート天板

    ガラスコート天板

    長所:ガラスに近い光沢感があり、ガラストップに比べて価格が安い。
    短所:年数が経つとコーティングがはげてくることがあります。

  • ホーロー天板

    ホーロー天板

    長所:耐久性に優れ、硬いものでこすっても大丈夫。
    短所:汚れがこびりつきやすい。

  • ステンレス天板

    ステンレス天板

    長所:耐久性が高く、熱にも強い。
    短所:キズがつきやすく、熱には強いが赤茶色に変色する。

グリル性能

ガスコンロのグリル

グリルはお魚を焼くだけでなく、さまざまなお料理が可能な調理器です。
グリルを使いこなせばお料理の腕前アップ間違いなし!お好みのタイプを探してみてください。
グリルは焼き方によって大きく2種類にわかれています。

  • 片面焼きグリル

    片面焼きは、グリルバーナーの火炎が上方より出てきます。火炎で直接焼くと同時に火炎で鉄板を熱し遠赤外線で焼きます。

  • 両面焼きグリル

    グリル内のバーナーの上方と下方からの火炎とその火炎で鉄板を熱し遠赤外線で焼きます。
    また、グリルには有水式と無水式があります。

標準工事費コミコミで人気のビルトインコンロ

  • ステンレス天板

    ビルトインコンロ classS Hシリーズ
    75cm幅 210-H672型
    標準工事費コミコミ価格
    237,600(税込)

    詳しくはこちら

  • ステンレス天板

    ビルトインコンロ classS Rシリーズ
    75cm幅 210-R702型
    標準工事費コミコミ価格
    254,900円(税込)

    詳しくはこちら

  • ステンレス天板

    ビルトインコンロ STYLES(スタイルズ)
    75cm幅 210-R732型
    標準工事費コミコミ価格
    181,500(税込)

    詳しくはこちら

  • ステンレス天板

    ビルトインコンロ COLORS(カラーズ)
    60cm幅 210-H626・H627型
    標準工事費コミコミ価格
    137,700円(税込)

    詳しくはこちら

  • ステンレス天板

    ビルトインコンロ AVANCE(アバンセ)
    60cm幅 210-P492型
    標準工事費コミコミ価格
    248,300円(税込)

    詳しくはこちら

  • ステンレス天板

    ビルトインコンロ スタンダード
    60cm幅 210-H534・H535型
    標準工事費コミコミ価格
    100,650円(税込)

    詳しくはこちら

ビルトインコンロの取替・設置工事はおまかせください!

大阪府箕面市・池田市・豊中市など北摂・京阪神地域のレンジフードの取替・設置工事は神崎(株)におまかせ!

「どのレンジフードを選んだらいいかわからない」「相性のいいコンロを教えてほしい」
など、お気軽にお問合せくださいませ!

電話電話で見積もりを依頼する

リフォームのこと修理のことはお気軽に!072-722-3741

お電話でお話をうかがい、当社の営業スタッフが設置場所に訪問させていただいて
詳しいお見積りを出させていただきます。

電話メールフォームやメール・LINEから見積もりを依頼する

メール・LINEで見積もりを依頼する

  • 現在お使いの器具の全体、及び配管の確認ができますと、より詳しいお見積りをださせて頂けます。

    メール・LINEでお送り頂きます場合は、下記内容をご記入くださいませ。
    より正確な金額をお伝えさせて頂きます。
    ・ご住所
    ・お電話番号

    メールアドレス:shop@kanzaki.jp
    LINEアカウント:@kanzaki.jp

見積もり依頼メールフォーム

 

大阪の神崎株式会社の取替設置工事可能地域 大阪府 箕面市・池田市・豊中市・吹田市 兵庫県 川西市・伊丹市

お店でもリフォームのご相談ができますよ 当店までの地図はこちら リフォームのこと、修理のことはお気軽に 0120-22-3044 ケータイ・スマホは072-722-3741 メールでの無料相談はこちら
LINE@ お問合せ 見積もり 施工事例
キッチンリフォーム お風呂リフォーム トイレリフォーム 洗面所リフォーム 外構・エクステリアリフォーム 介護リフォーム ガス器具の販売 取付・交換 らく得リース
リフォームの豆知識 スタッフブログ イベント情報 お客様の声・アンケート 住まいの情報局 年に4回発行しているフリーペーパー スタッフ紹介 工事対応地域 大阪府 箕面市・池田市・豊中市・吹田市 兵庫県 川西市・伊丹市
当店の紹介
大阪府箕面市瀬川四丁目1番50号
0120-22-3044 072-724-2630 メールでのお問い合わせはこちら ご来店の方へ
求人・採用情報 ともに働く仲間募集 神崎(株)はプライバシーマークを取得しています
Facebook Twitter Instagram
072-722-3741
お問い合わせはこちら
© 2022 箕面市・池田市・豊中市のリフォーム 神崎(株) 大阪ガス風呂ショップ . All rights reserved.
上に戻る